wabisabiland

いらっしゃいませ WELCOME ! おこしやす 
wabこと北中正和による音楽雑誌です 毎週更新(の予定です)
主にワールド・ミュージックのサイトですが、他にもいろいろあります
 
ENGLISH pages essays, world music radio programs, discs, gigs, books etc.


ERIS』26号
 
2019年3月7日に公開されました。
無料で読めるウェブ上の音楽雑誌です。ぼくは編集協力しています。ブルース・スプリングスティーン、シャルル・アズナヴール、ザ・ナイツ、ルネ・フレミング、チャーリー&エディ・パルミエリ、セヴ・フェルドマン、ゼップなどなど、もりだくさんな内容です。ぼくは壁問題で揺れるアメリカとメキシコ国境に関する記事を書きました。メキシコの音楽ソン・ハローチョの記事が中心ですが、アフロ・キューバン・ジャズやウォーレン・ジヴォンやライ・クーダーのファンの方にも読んでいただければうれしいです。

 
kitanaka lab (北中研究所)
研究員 北中理咲の仕事の一部です。展覧会や書評などの記事は以下で読めます。
 

Mikiki (intoxicateのウェブ版です)
tower record

CDジャーナル』1月号に台湾原住民アーティスト4組の取材記事が掲載されました。

ラティーナ』2018年6月号に理咲の「Cicada室内楽アンサンブルの美しき革命児 台湾の海から世界にメッセージする」が掲載されました。

 



 
ご報告

●ブリ・モハメッドさんが11月7日に肝臓の病で急逝されました。44歳の若すぎる旅立ちでした。謹んで哀悼の意を捧げます。心根の優しかったブリさん。もっと語り合っておけばよかったと悔んでいますが、しょっちゅう思い出しているので、いまも元気で生きているような気がします。
 
2018年3月11日(日)の琉球音楽島巡り「三線・笛・唄で巡る 沖縄-八重山-宮古-与論の島々」出演:ブリ・モハメッド(歌三線) with 和田健二(笛)、木村智果(囃子)にお越しいただき、どうもありがとうございました。みなさんから寄せられた寄付金を石巻市国際交流協会に託しました。有料入場者数が29名。参加費2000円。出演者に交通費を支払った後、出演者と会場のhako gallery/hako plusさんから寄付をいただき、領収書の金額50000円になりました。団体名は参加されたみなさんとスタッフも含める意味をこめてブリ・モハメッド社中@ hako とさせていただきました。石巻市国際交流協会などについてはこちらこちらリンクをご参照ください。



 

かつて講談社現代新書や音楽出版社のムックで出ていた「ロック スーパースターの軌跡」がタイトルを変えて文庫化されました。本文は音楽出版社から出たものと基本的に同じですが、ディスク・ガイドから曲名を省き、かわりに短いコメントをつけました。写真もほとんど変わりました。20世紀後半ロックがひときわ輝いていた時期の入門書です。これからロックを聞いてみよう、ロックを振り返ってみようというときに便利な本です。

ダイアログ
@ 六本木ビリオン
牧村憲一さんと昭和の日本の音楽について語るシリーズ、第12回目をもって終了しました。みなさまどうもありがとうございました。

     ・・・・・・・・・
原発事故と放射能汚染関連のサイトです。
熱心に分析を行なわれている方々に敬意を表します。無断リンクをお許しください。

 原子力資料室
 東京で被爆対策をして生きるということ


     
 
DISCLAND 
 
wab's favorite 2018

 LIVE IN TOKYO
 東京近辺のライヴの予定。随時追加
 

作成にぼくも協力しているチャートです。ご興味をお持ちのアーティストやレーベルの方がいらっしゃいましたら、ご連絡いただけると幸いです。リンクは以下のロゴから。
  
 

 WABISABILAND MUSIC AROUND
 THE WORLD
 Koum Tara / Album Teaser
 Brenda Navarrete / Soy Como Rumba
 Seun Kuti / Last Revolutionary
 Femi Kuti / One People One World
 Trio Da Kali and Kronos Quartet / Eh Ya Ye
 Toko Telo / RElaza
  故Regis Gizavoをしのんで
 Oumou Sangare / Minata Waraba
 Youssou Ndour / Senegal Rekk
 
  See More こちらにまとめて


 
 POP DIARY 2019
 POP DIARY 2018
 POP DIARY 2016 2016年12月
 

  • シャマン・ラポガン『大海に生きる夢』
  • 『空港時光』『紅い木のうた』
  • 名曲で味わう季節「サマータイム」
  • 2016年間ベストの季節がはじまりました
  • 浅川マキのイギリス盤について
  • tipsipuca, RAYONS, Transglobal World Music Chart
  • URC、高田渡、『ニューミュージック・マガジン』
  • 大滝詠一関連本いろいろ
  • サハラ砂漠の遊牧民の苦難と希望
  • 日本語の歌の可能性を探って
  • 「二人がほしい」ではなかった
 BOOKLAND *音楽書の紹介です 

MY WORKS
立教大学文学部の学生さんたちが編集した文芸誌『ツタノハ4』に「音楽を書くこと、編集すること」という長いインタビューが掲載されました。
『平成から令和 日本はどうなる? どうすべき?』(サプライズBOOK)に音楽の未来についてインタビューされた記事が掲載されました。
ミュージック・マガジン2月号ににマガジン創刊まもないころの記事を書きました。
CDジャーナルに台湾原住民の記事を書きました。
週刊朝日に『村井邦彦のLA日記』『ボブ・ディラン ノー・ディレクション・ホーム』の書評を書きました。
文藝別冊『ジミ・ヘンドリックス』に彼の初期作品についての長い記事を書きました。

新聞、雑誌の記事が多いですが、以下は ウェブで読めるwabの仕事です
 『intoxicate』の原稿はMikikiで。
 『ele-king』ではこんな原稿も。
 FACEBOOKもやってます


ゴールデン横町
納得!ベスト・ヒット講座という連載コラムです。Q&A方式でロックを中心にした洋楽を現在ならではの視点で解説しています。サイトの移転にともなって、新しい記事はいったんお休みになりますが、これまでの記事はちがうレイアウトでごらんいただけます。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 INTERVIEW 更新中につきしばらく休みます。

 WORLD MUSIC TIME  終了しました。ありがとうございました。

 LINK 

      ・・・・・・・・・

with a little help from my friends

音ラク世界旅

ゲストによる連載エッセイ。2019年3月11日更新。テーマは「このデジタル時代に!」と「ライブの後症候群」です。

Club California Night
The Silver Crickets (天辰保文さんとぼくのユニット)と藤井和貴さんが不定期に行なっているイベントです。

いーぐる連続講演
四谷の老舗ジャズ喫茶で行なわれている連続講演に参加しました。詳しい内容はいーぐるの後藤さんがブログで紹介されています。

渋谷・国境の南・レコード・コンサート
世界の音楽を聞くレコード・コンサートです。ただいまお休みしています。


内容は予告なく変更されることがあります。誤字、予定の急な変更などがあるかもしれないので、
ライヴのスケージュールなどは各自ご確認ください。印刷物への無断転載は御遠慮ください。
since 20
04